[記事公開日] 2013/07/25
[最終更新日] 2013/12/23

ウェブ解析士 評判 ・ 評価

この記事の所要時間: 222

ウェブ解析士

気になる ウェブ解析士 評判・評価

ウェブ解析士の資格取得するにあたって ウェブ解析士 評判 と 評価 は、どうしても気になりますよね。
ウェブ解析士は、「弁護士」「建築士」「医者」「理美容師」のように『有資格でないとやってはいけない仕事』ではありません。
ですので、実際資格を持っていない方でも「ウェブ解析」の仕事をしている方々はいます。

ですので、そういう方々の下で教わりながら知識を習得するのも1つの方法です。

では、なぜ「ウェブ解析士」の資格を取るの?

ウェブ解析の仕事をする場合、解析した報告するクライアンなり、上司なりに仕事を依頼されるところから始まります。
クライアントから仕事を得る場合は、他の業者さんと比較をされるケースが多いです。
ウェブ解析の場合、デザインのようにすぐ目に見えるようなものがありません。
そうなると実績やウェブ解析士の知名度がものを言ってしまいます。

その時に知名度も大きな実績もない時にクライアントの案件を勝ち取る時に「ウェブ解析士の資格を持っています」というのは1つの強みになります。
先日のコラム「初級ウェブ解析士 勉強方法」でも申し上げた通り、資格取得するには勉強をしないと出来ません。
資格を持っているという事で「知識はありますよ」という意思表示になります。

社内のWebサイトの「ウェブ解析」をする場合も、報告書の作成をさせられたり、会議での報告をさせられたりします。
その時に資格がある場合「ウェブ解析士の資格を持っている○○さん」と認識されていれば、説得力も増すというわけです。

評判・評価は?

ウェブ解析士の資格に対しての評価というのは難しいです。
例えば以前からある「ファイナンシャルプランナーの資格の評判・評価は?」と言われても難しいですよね。

「評判・評価」はウェブ解析士個人個人に与えられるものです。

ウェブ解析士取得後、すぐ仕事ができるか?

これも難しい質問です。
今までウェブ解析士の資格取得出来た方のお仕事は「多岐」に渡っています。
実際に解析をした経験がある方々は、即戦力になると思います。
ですが、今までウェブサイトの解析を全然したことがない方ですと、実務をやる前にトレーニングが必要になるでしょう。

現場に出れば、テキストで教わっていない事も多く出て来ますし、クライアントからのリクエストも経験が全然ない場合は解決が出来ないことが出て来ます。
その場合、お客様に「それはわかりません」と言っていたら、当然を仕事をとりあげられてしまいます。

横浜東口会場での上級ウェブ解析士合格者同士で情報交換や相談が出来るように、勉強会等を不定期ではありますが行っています。
そういう意味では講師や合格した仲間たちが助けになるでしょう。

オープンセミナー

初級ウェブ解析士認定講座