[記事公開日] 2013/10/01

マーケティングフレームワーク「3C分析」

この記事の所要時間: 142

自社事業・業界分析のためにまず行うのが「3C分析」という手法です。

3C分析とは

3C分析とは「市場・顧客: Customer」、「競合: Competitor」、「自社: Company」のそれぞれの頭文字をとったものです。

3C分析の目的

  • 市場・顧客:市場や顧客のニーズの変化を知る
  • 競合:競合が市場や顧客のニーズの変化にどのように対応しているかを知る
  • 自社:自社が市場や顧客にニーズの変化に合わせ、競合の対応を鑑みながら、自社が成功する要因を見いだす

これらの目的を意識しながら実際の3C分析を進めていきます。

3C分析の手順

1:市場・顧客分析

まずはじめに市場・顧客分析から行います。ビジネスにおいて市場を知らなくては全ての強みや弱みは評価できないからです。
マクロな視点でのビジネス環境分析、ミクロな視点での業界分析、そして顧客分析を行い、その中で市場や顧客のニーズの変化を明らかにします。

2:競合分析

次に行う競合分析では、競合企業のビジネスの結果と、その結果を導きだした理由の二点に絞り分析を進めます。
競合企業が市場の変化に対してどのように対応しているか、うまく対応できている点、課題などで競合企業を評価します。

3:自社分析

最後に行う自社分析は、これまでの分析のまとめで市場の変化と競合企業の市場の変化への追従・対応と自社を比較していきます。
自社分析を行いながら、競合企業の良い点を取り入れたり、競合企業がカバーできていない領域に進出するなど、自社のビジネスが該当市場で成功するための要因(KSF)を探ります。

こういった知識を上級ウェブ解析士認定講座で!

こういう内容がウェブ解析の基本になってきます。
その基本を「上級ウェブ解析士認定講座」で勉強出来ます。
是非、上級ウェブ解析士認定講座で勉強をして、それを自社のサイト制作へも活用をして「ノウハウ」にしていってみてください!

上級ウェブ解析士認定講座