colmun_130731

[記事公開日] 2013/07/31
[最終更新日] 2013/08/07

上級ウェブ解析士の難易度

この記事の所要時間: 238

colmun_130731

上級ウェブ解析士って、難しいの??

難しいといえば、難しい。
さすがに簡単に難なく・・・という方は少ないようです。
コンサルティングやWEBディレクションなどをやっている方、
社内で解析の仕事をしているという方でしたら、
比較的に理解しやすいと思いますが、普段WEBに関わっていても、
デザイナーなど制作のみシステムエンジニアなどプログラムの制作のみを担当されている方などは、
なかなか理解することが難しいようです。
(あくまで今までの受講者の傾向ですので、必ずその仕事の方が向かないという事ではありません)

初級ウェブ解析士の試験は、テキストの内容を暗記する事で合格することが可能です。
ですが、上級は内容を理解しないで「暗記だけ」で合格することはできません。

受講者の元々持っているスキルがあるため、講義では100%自分が理解出来るまでじっくりと
受けられるかというと、必ず出来るというわけではありません。

上級ウェブ解析士に合格している人たちは、どうしているの?

コンサルティングや解析のお仕事をしている方は、通常の仕事に追加で付加するものが出て来るような課題をやることになるので、特別な勉強という必要はないのかもしれません。

ですがそうでない方たちは、まず初級ウェブ解析士のテキストに書いてある内容を「暗記」ではなく「理解」出来るようにします。その上で、出された最初の課題(宿題)をやります。
わからない部分は、書籍やWebを調べて自分なりの答えを出して、1日目の講義に臨みます。
もちろん不明な点などは1日目に講師に質問します。

最初の課題(宿題)が出来ないからといって、中途半端にして1日目の講義を受けると講義内容が全部理解出来ない可能性が出てきます。そうすると2つ目の課題(宿題)が思ったように出来なくなってしまいます。
2つ目の課題(宿題)は、「上級ウェブ解析士」の合否に関わる課題ですので、2つ目の課題(宿題)がきちんと出来ないと不合格になる確率が高くなります。

また、1日目の講義の内容をしっかり復習をします。

試験は2日目に筆記試験として行われますが、2日目の講義の内容も出ますので1日目の講義を復習して理解出来ていないと合格をするのは難しいでしょう。

上級ウェブ解析士に合格している人はどんな人?

簡単に言えば、しっかり課題に取り組んで勉強出来た方ということでしょう。

「仕事が忙しくて勉強出来なかった」という方がいらっしゃいますが、それでは合格は難しいと思います。
講師も皆様に合格して頂くために色々努力をしています。

通常の講義とは別にフォローアップ講習を行う場合もありますので、
もし1日目の講義が理解出来ないという場合はご相談ください。
(フォローアップ講習は別途有料となります)

初級ウェブ解析士は合否がほんのわずかな点数で分かれるケースがありますが、上級ウェブ解析士の合否は点数の開きが出来ているケースが多いです。

難しい勉強なだけに理解していけば、クライアントや上司を説得出来るだけの知識が身に付くでしょう!

上級ウェブ解析士認定講座