[記事公開日] 2014/11/11

2015年度 改訂 新 上級ウェブ解析士 認定講 座説明会を開催しました

この記事の所要時間: 254

上級ウェブ解析士2015年改訂説明会

ウェブ解析士認定講座のカリキュラムは毎年改訂しています、2015年は1月に改訂が確定しました。
上級ウェブ解析士 認定講座説明会を開催
2015年改訂のウェブ解析士認定講座説明会、11月1日8日に全国いち早く無料開催いたしました。
対象はウェブ解析横浜に参加いただいている皆さまへです。
参加人数は26名。
2012年から2014年(10月受講)の方まで様々です

ここが変わった 上級ウェブ解析士

ここが変わった上級ウェブ解析士

まず変わったポイントを整理

  1. 今までの講座は動画で事前閲覧
  2. 事前課題とワークショップ準備
  3. 新講座は”work”、豊富なワークショップ形式
  4. 新修了レポートは設計も含む選択式

今までの講座は動画で事前閲覧

今までDay1とDay2の講座の内容が事前閲覧できるようになりました。
5時間ほどの動画です。
これにより次のようなメリットがでてきています。

  • 事前勉強ができる
  • わからない箇所について何度も学習できる
  • 学習場所を選ばない

事前課題とワークショップ

後ほど解説をいたしますが、動画を見ながらDay1の準備をいたします。
様々な準備が必要です。

新講座は”work”、豊富なワークショップ形式

ワークショップ中心です、座学ではなく手を使います、頭を使います。
豊富なワークショップショップでウェブ解析を身につけます。

新修了レポートは設計も含む選択式

2014年の上級ウェブ解析士の特徴であった修了レポートはさらに進化しました。
ウェブ解析を導入する時に重要な設計を含まれます。

上級ウェブ解析士 難易度は?

2014年の上級ウェブ解析士は難しいよりハードであれでした。
実際は難しくなっています、
2015年はさらにハードになっています。
座学で受けるスタイルから、ワークショップで参加するスタイル。
ウィシダスですすめているウェブ解析士認定講座は参加型ですので、私の講座のススメ方とマッチしています。

上級ウェブ解析士 合格者向け フォローアップ講座

ウェブ解析士は時代の流れ以上に早く進化・変化しています。
現場で成果をあげるためには、新しい知識を入れ続ける必要があります。
そこで用意したのが、上級ウェブ解析 のフォローアップ講座です。

制度改正・資格維持

2015年より上級ウェブ解析士の資格維持の条件が変わりました。
2014年までは次の2項目でした。

  • アップデートセミナーに参加
  • 発表をする

2015年の上級ウェブ解析士より新しく加わったのが

  • フォローアップ講座の参加

資格維持というより知識の維持と実践のための訓練です。

横浜ウェブ解析士認定講座 ウィシダス受講のフォロー体制

ここでちょっとご紹介
ウィシダスで 上級ウェブ解析士 を受講いただくと、ウェブ解析横浜へお誘いいたします。
ウェブ解析横浜への参加には登録費用はかかりません。

ウェブ解析横浜ではこの資格維持をフォローアップしています。

  • アップデートセミナーに参加:毎月第4土曜日開催しています
  • 発表をする:毎月第4土曜日と年に数回のイベントで登壇する機会があります
  • フォローアップ講座の参加:当然のご用意しています

上級ウェブ解析士フォローアップセミナーのお申込みについては専用ページをごらんください。
2015年1月より開催です

fbnr12