Webマーケティングを広く浅く学ぶには資格としてのウェブ解析士がおすすめ

この記事の所要時間: 344

Webマーケティングを広く浅く学ぶには資格としてのウェブ解析士がおすすめ

ウェブ解析士の認定講座をすすめているから、ウェブ解析士をすすめているように感じるかもしれませんが、ウェブ解析士を学び、教えることでWebマーケティングがより理解できるようになりました。

Webマーケティングはマーケティングの中でもWebとして限定されてはいるが

Webマーケティングはマーケティングの中でもWebとして限定されています。

まずマーケティングという学問について

マーケティング論は、市場・消費者についての学問で、主に商品やサービスを販売・提供する者に参考となるような知見を追求することを特徴とする。

〜中略〜

企業が戦略的行動を改善する際に役に立つ学問である点では、広義の経営学に含まれ、またそのように扱われることもしばしばある。

ウィキペディア マーケティング論

最近のマーケティングはドラッガーの言葉が有名です。

マーケティングの理想は販売を不要にすることである

マーケティングの理想は販売を不要にすることである|実践するドラッカー【事業編】|ダイヤモンド・オンライン

またコトラーの言葉をノヤン先生がこう語っています(庭山さん)

「マーケティングは他の部門に影響を与えて、顧客満足を実現するよう協力しなければならない」

コトラー博士の最も偉大な3つの功績 | ノヤン先生のマーケティング講座 | 講座 | マーケティングキャンパス 

「顧客を満足させ販売を不要にする」
これを元にWeb上で活動することをWebマーケティングとなります。

Webと限定されていても、広義の経営学に含まれるため「在り方」である「やり方」。
学ぶにはとても難しい学問です。

ウェブ解析士の合格が理解度のベンチマークと考える

そこでウェブ解析士
ウェブマーケティングの資格はいくつかあります。
他の資格でもいいでしょう、ただ最新の知識と技術を同時に学べるものはウェブ解析士が一番適切です。(毎年テキストとカリキュラムを更新しているためです)

そのウェブ解析士の合格が、Webマーケティングを理解度に対するベンチマークとして考えればWebマーケティングを学ぶ目標となります。

さらに勉強したければWebマーケティング本を読みあさる

ウェブ解析士を合格し、さらにWebマーケティングの勉強をしたければWebマーケティングの書籍を読みあさってください。

全く知識のない人がWebマーケティングの本を読んでもチンプンカンプンです。

ウェブ解析士の試験に合格していれば、言葉が頭に入っているため、その言葉に肉付けをする感覚で学ぶことができます。

コトラーのマーケティング・コンセプト
コトラーのマーケティング・コンセプト 単行本 – 2003/5/2 フィリップ・コトラー (著), 恩藏 直人 (著), 大川 修二 (翻訳)

マーケティングであれば「コトラーのマーケティング・コンセプト
Webマーケティングであれば、Amazonで評価が高く、レビューを読んで自分にあった本をお選びください。

Webマーケティングを浅く広く学ぶには資格としてのウェブ解析士が一番いい

いかがでしょうか?

ウェブ解析士の認定講座をすすめているから、ウェブ解析士をすすめているだけではなく
ウェブ解析士を3年教えることでさらなるWebマーケティングがより理解た私の事例も元にご紹介いたしました。

ただこれが絶対ではありませんし、他の資格でもかまいません。
まずは自分でやりやすく効率的(または近道)な方法を探してください。
重要なのは行動です。

PR:ハマ企画の横浜Webマーケティング関連のセミナー

ハマ企画では、経営者・事業会社(ご担当者)向けにWebマーケティングに関する簡単なセミナーをいくつか開催をしています。

関連ブログのご紹介