Google アナリティクスを導入する時注意する4つのポイント

この記事の所要時間: 252

Google アナリティクスを導入する時注意すること

Google アナリティクスはGoogleタグマネージャーを使おうが使うまいがタグさえ入れればいいと言うものではありません。
Google アナリティクスは導入する時に注意する点がいくつかあります。

※タグマネージャーをお薦めいたします。

その1:ビューはひとつではなく最低2つからつくる

Google アナリティクスを閲覧する時、基本になるのがビュー(レポート)。
このレポートをつくる時、よくあるのがひとつしかビューを作らないアカウント(ユーザ)。
GAIQを持っている方ならご存知でしょうが、Googleもビューはふたつ以上をおすすめしています。

ふたつというのは

  • 何も制限のかかっていないビュー
  • 閲覧のためのビュー

※制限とはIP除外などのフィルター

Google アナリティクスのビュー一覧

何も制限のかかっていないビューが必要な理由
Google アナリティクスはウェブビーコン型のアクセス解析ツールです。
ウェブビーコン型はJavascriptで書かれたタグで発行される小さな画像がサーバーとのやりとりを記録する仕組みで動いています。
ウェブビーコン型はタグを発行した時点からアクセス解析が可能となりますが、ここで誤った制限をかけてしまうと、後戻りができません。

だから何も制限のかかっていないビューが必要なのです。
(サーバログ型で言う、生ログです)

その2:自社サイトのURLは正確か

解析するWebサイトのURLは正確ですか?

www.hogehoge.com ≠ hogehoge.com

同じドメインでもwwwのあるなしでは違いWebサイトになります。
必ずどちらかにしてください。

もし、どちらでもWebサイトが閲覧できるのなら、正規化をすすめてください。
Webサイトの正規化についてで検索

その3:閲覧のためのビューはIP除外があたりまえ

関係者除外は必ずしましょう、できればIPの除外です。
自社やサイト制作会社や広告会社さんのIPはGoogle アナリティクスに記録されないようにしてください。

もし自社のIPがない場合は色んな方法があります…

Google アナリティクスIP除外方法で検索

その4:GoogleはWeb解析ツールだからコンバージョン設定は必ず

GoogleはWeb解析ツールです。
Web解析は事業に貢献することであり、貢献は成果です。

成果とみると「売上」と考えてしまいますが、売上とは限りません。Google アナリティクスの目標設定

Webサイトで完結しないビジネスモデルであればお問合せの完了ページ(thanks.html)をコンバージョンとして
目標設定してください。

お問合せがないWebサイトであれば(例えば)一回の訪問で3ページ(ページ/セッション)という目標設定をしてください。

コンバージョンは必ず必要です。
コンバージョンが設定されていないと、アクセス解析ツールでWeb解析を行う視点がブレてしまいます。

 

Google アナリティクスを導入する時注意すること

今回紹介をした「注意すること」はほんの一部ですが、最低限「必ず守る」ポイントです。

今回紹介した内容は弊社開催のGoogle アナリティクスセミナー初級でも説明いたします。