colmun_131119

[記事公開日] 2013/11/19

Googleアナリティクスでユーザを分析する

この記事の所要時間: 126

Googleアナリティクスでユーザを分析する

ウェブ解析の目的は成果をあげることです。
成果を上げるためにはユーザを知ることが重要です。

Googleアナリティクスでユーザ分析ができます

オーディエンスデータを設定しましょう

Googleアナリティクスに新たに「オーディエンスデータ」が追加されました。
これを使うと、ホームページを訪れたユーザの年齢や性別、どんなことに興味があるのかまで見ることができます。
デフォルトのままでは見ることができず、設定が必要となります。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを一行入れ替える、もしくは
Googleアナリティクス上でコードを変更して設定します。

【参考URL】
アナリティクス トラッキング コードを更新してディスプレイ広告に対応する – アナリティクス ヘルプ

新しくなったセグメントでユーザ単位の分析をしましょう

Googleアナリティクスの「カスタムセグメント」が新しくなり、ユーザ単位の分析ができるようになりました。

「新しいセグメントを作成」>「ユーザ属性」をクリックすると年齢や性別、興味で絞ることができるので特定の年代、性別のユーザがどのような行動をしたのか、コンバージョンに結びついたのか等の分析が可能です。

ウェブ解析について学ぶなら

ウェブ解析って何?Googleアナリティクスって何?という方はまず初級ウェブ解析士で基礎を、
Googleアナリティクスは使っているけれどウェブ解析の方法が分からない方は初級ウェブ解析士 + 上級ウェブ解析士 認定講座セットコースで基礎+応用を学び、実務に活かしましょう。

初級ウェブ解析士認定講座

上級ウェブ解析士認定講座

初級ウェブ解析士 + 上級ウェブ解析士 認定講座セットコース