microscope

[記事公開日] 2016/04/28

Googleアナリティクスのユーザーエクスプローラでミクロ解析を試す

この記事の所要時間: 339

ミクロ解析とは

ミクロ解析とは個をみる解析の手法です。個つまりユーザベース。
いつもみなさんが行っている解析はマクロ解析、Googleアナリティクスはマクロ解析のツールです。

Googleアナリティクスのユーザー エクスプローラレポート

ユーザエクスプローラは、元々は裏メニューでしたちょこちょこっと細工をすれば表示できるちょっと遠くにある裏メニュー。
それが表舞台にでてきたのです。

ユーザエクスプローラ

カグアの吉田さんが2016年4月3日に投稿してバズった記事です。

Googleアナリティクスのユーザー エクスプローラでミクロ解析を試す

先ほど(2016年4月28日10:30ごろ)に少し試してみました(正確には遊んでみた)

コンバージョンでセグメントする

正直そのままのデータではノイズだらけ、お話にならないと感じたので成果のでているユーザでセグメントします。(コンバージョンに至ったユーザ)

コンバージョンに至ったユーザ

ユーザモデルを定める

個を解析するためユーザモデルを定める必要があります。

ユーザモデルを定める

ユーザレポートはノイズだらけなのでフィルタ条件

フィルタ条件

このサイトにはPtengineをいれているため、そのイベントをひろいまくります。
ここでフィルタ条件で絞ります。
フィルタ条件を絞る

私はイベントのチェックをはずしました。
(eコマースもいらないですけどね、このサイトでは)

時系列を見やすくする

時系列表示

時系列は人ぞれぞれ、私は発生順の方がみやすいので、時系列を見やすくソート

時系列をソート

ユーザ行動がミクロ視点に替わる

ユーザエクスプローラでミクロ解析

これでなんとか「ミクロ解析」っぽくなりました。

Googleアナリティクスのユーザー エクスプローラでミクロ解析の気付き

  • このユーザはサイトの訪問から初級ウェブ解析士受講までのの期間(リード)が9日間
  • 日曜の夜に初めて訪問し、無料セミナーへ参加申込(3月26日開催)
  • 火曜日の午後に初級ウェブ解析士へ申込

残念なのが流入がDirectに、
試しにIDで検索をしてみたのですが、計測可能の前のACTIONまではわからず
実際は他の方法で最初に流入をしているのでしょう。

これは1ユーザのミクロ解析なので「だから?」になってしまいます。
いくつかのモデルを抽出して解析する必要があり、少し手間がかかりそうです。

ユーザーエクスプローラ残念な点(2016年4月28日時点)

  • セカンダリディメンション以降のディメンションの掛け合わせができない:即の深堀りができない
  • フィルタがかけられない:同じく即の深堀りができない
  • エクスポートができない:データとして取扱に難

随時改善されていくのでしょうが…

このユーザエクスプローラはまだ始まったばかりです、使えるデータになるには少し時間がかかりそうですね。
(このサイトのリードモデルを考えると3ヶ月です、他の方はサイト毎のビジネスモデルからみてください)

個人的には正直ディスってます、ごめんなさい

ユーザエクスプローラが出てきた時、アナリスト界隈では賛美的なコメントが多かったのですが、
私としては、「これクライアントにどう説明するの?」と混乱を招く可能性があると、いわば時期早々。
新しいことは嬉しいのですが、どう取り扱うか、クライアントの顔を思い浮かべるのがウェブアナリスト(ウェブ解析士)なのではないのかなーと考えてしまいました。

ウェブアナリストさんがクライアントさんにこれ持ち込んで「す、凄いでしょ!」
クライアントさんが「え?だからこれ何に使うの」
ウェブアナリストあん「てへペロ」

そうならないことを祈ります。

本日の記事は少しふざけてスミマセン。