PROPiotr Szczepankiewicz good evening

2016年最後の初級ウェブ解析士認定講座の開催

この記事の所要時間: 232

最後だから記事化します

2013年から続いた初級ウェブ解析士認定講座
2016年12月で最後です。

最後の初級ウェブ解析士認定講座だからこと記事化いたします。

 横浜 ウェブマーケティング と ウェブ解析、ウェブ... 
初級ウェブ解析士が2016年で終了しウェブ解析士となる理由
https://wsidas.com/why-beginner-web-analysts-finish-in-2016-and-become-web-analysts/
初級ウェブ解析士が2016年で終了します2016年12月で初級ウェブ解析士は終了いたします。 2017年は初級ウェブ解析士を受けることができなくなります。いきなり上級ウェブ解析士になるのか…というわけではありません。初級ウェブ解析士がなくなる理由があります。何故...

私の講座の特徴をもう一度繰り返します

人がやっている以上、属人的になります。
カリキュラムに沿って伝えていますが、熱量はポイントは異なります。

脳を考えたメリハリのある講座

エビングハウスの忘却曲線を最初に伝えます。

エビングハウスの忘却曲線

人は忘れる…前提で知ると学習の集中と意欲が変わります。

合格するためのポイントを伝えます

02

試験問題を教えるわけではありません、合格しそして実践で必要なポイントを強調します。
(私も試験問題は知りません)
幅広い知識の海の中に溺れないようにするための伝え方です。
270ページを超えたテキストのどこをどう理解すればいいのかを伝えます。

長ければいいというものではない

初級ウェブ解析士は5時間です。場合によっては5時間超える講師もいらっしゃるようです。

脳を考えるという点から。
長ければいいというものではありません。メリハリよく休憩をはさみながら
集中できる環境をつくります。

現場実績を伝える講座でありセミナー

Graeme Thickins:IMG_3926.jpg

ウェブ解析士は学問だけではありません、実践ありきです。
実践を伝えるのは事例より実績です。

事例は他人のものであり、事例は背景や在り方がわからないため、テクニックだけをみてしまい
(ほとんどが失敗します)
実績は背景や在り方を知っているため、テクニックではないコトを伝えます。

常に変化しているWebマーケティングの実情と、最新情報を織り交ぜながら
講座でありセミナー。

つまり毎月実績や最新情報の伝えるポイントは違います。

少人数制の特徴

私は少人数制にこだわっています

こだわる理由は参加者の顔を見ながら、事情を理解しながらお話をします。

理解に苦しんでいる方へはその方の業務に当てはめて「貴方ならどうしますか?」と聞いてみます。

自分に当てはめることで理解が深まります。

これは少人数制だからできる講座のススメ方です。

横浜会場12月11日で初級ウェブ解析士は終了します

私が開催している横浜会場は12月11日で初級ウェブ解析士認定講座を終了いたします。
本日は12月6日。
11日の講座の締切は12月7日までです。

この記事を読んでいただいた、貴方にあえる日を楽しみにしています。