Andrew Malone Power

[記事公開日] 2016/11/25

Webマーケティングの力を身につけるためには

この記事の所要時間: 317

Webマーケティングの力を身につけるためには

貴方がWebマーケティング力をつけるためには、
まず、Webマーケティングについて正確に理解することが必要です。
そして、テクニック論の前に思考を変える。

この2点から。
テクニック論は二の次です。
この2点をはじめずに、テクニックだけを身に着けたらWebマーケティングに誤解を持ったまま
力を発揮することができません。

Webマーケティングは売上をあげるものではないという誤解をなくす

このWebサイトで何度かご紹介しているドラッカーの名言です。

マーケティングの定義
マーケティングの理想は販売を不要にすることである
(Peter Ferdinand Drucker)

Webマーケティングは売上を上げることではありません、ましてやセールスでもありません。
売上は私たちがコントロールできるものではなく、ユーザが価値を感じて初めて発生するコトです。(セールスは販売促進の次にくるものです。)

Webマーケティングは「販売・売上」と知識をつけたり発信していたのなら、ドラッカーの言葉を理解していただき修正をしましょう。

Webマーケティングとは

Webマーケティングがマーケティング・リサーチではない

これは日本人の誤解です。
「うちはマーケティング会社です!」と年配の方がおっしゃる場合、
そのほとんどが「うちはマーケティング(リサーチ)会社です!」です。

市場調査のマーケットを誤訳している可能性があるます。

マーケティング・リサーチ会社は重要なことで社会的使命を持っています。

しかしマーケティング(またはWebマーケティング)となると調査して終わりではなく、その先があります。

いつも 「空・雨・傘」という思考で

「空・雨・傘」という思考を持ちましょう。

問題解決力を高める「空・雨・傘」の思考パターン

まず、真っ先にお薦めしたいのは徹底した「空・雨・傘」の反復トレーニングの実践です。これはマッキンゼーをはじめとするコンサルティングファームが用いる代表的なフレームワークです。
空・雨・傘とは次のようなフレームを指します。
空―「空は曇っている」(事実認識)
雨―「ひと雨きそうだ」(解釈)
傘―「傘を持っていこう」(判断)

つまり、今の認識し、仮説をたて、解決へ向かいます。

  • 問題点発見
  • 仮説設定
  • 対策立案

対策立案まで考えてWebマーケティングの思考となります。
対策立案はまだ対策立案であり、課題です。課題解決は実行をしなければわかりません。

例)

  • お問い合せが少ない(コンバージョン率が下がっている)
  • サイトが見られていない(セッション数が比較して現象をしている)
  • なんらかのキャンペーンページを開始しよう

これがWebマーケティングの入口です。
さらにスキルアップする場合は、キャンペーンページでお問い合せをいただいたユーザに対して「空・雨・傘」をすすめます。

Webマーケティングの力を身につけるためには

貴方がWebマーケティングの力をつけるためには、
まず、Webマーケティングについて正確に理解することが必要です。
そして、テクニック論の前に思考を変える。

この2点から。
テクニック論は二の次です。
この2点をはじめずに、テクニックを身に着けたらWebマーケティングに誤解を持ったまま
力を発揮することができません。

Webマーケティングを学ぶためには

Webマーケティングこそ地域性を考える