[記事公開日] 2014/11/06

上級 ウェブ解析士 アップデートセミナー ウェブ解析士と取得したメリットと会社の影響など

この記事の所要時間: 40

qc_ano

2014年9月の 上級ウェブ解析士アップデートセミナー は阿野さん

ハマ企画主催 ウェブ解析横浜 勉強会の2014年9月は 上級ウェブ解析士 の日本企業開発支援株式会社の阿野賢二さんによるセミナーでした。
社内でWebサイトの企と運営全般を手がける部署 メディア営業部び阿野さんが上級ウェブ解析士を取得してから会社に与えた影響についてお話をしていただきました。

上級ウェブ解析士を取得して会社に与えた影響

上級ウェブ解析士を取得して「自分はこう変わった」という切り口から、会社に与えた影響。
インハウスとしてのメリットは様々です。
会社で変わったこと会社で変わったことは次の3つです。

営業拠点数の増加

取得前に比べ上級ウェブ解析士としてWebサイトからの成果があがり、拠点が大幅に増えました

社員数の増加

成果があがって拠点が増えると、拠点をまわす人が必要となります。
つまり社員数が増加しました。

部署メンバー数の増加

Webサイトで成果があがるのでしたら、成果に貢献している部署にも人員補給がなされるのは当然の結果です。

ウェブ解析士 がすすめるQC

QC(Quality Control)、ウェブ解析士 がWebサイトやそれにかかわるQCを率先してすすめました。
ウェブ解析士は成果をあがることが目的なのですが、QCは成果をあげる上でも見落としがちな項目とのこと。

優先度を3種類に分類しQCをすすめました。

QC優先度

  • 優先度「高」:個人情報・お金に絡むもの
  • 優先度「中」:ページのリンク切れ・色ページ
  • 優先度「低」:レイアウト崩れ・文字の誤り

優先度「中」「低」は後から修正することができます。
ただし「高」は発生していしまってからでは遅く大損害が発生してしまいまし。

そこで優先度「高」:個人情報・お金に絡むものについてお話をしました。

個人情報・お金に絡むも

個人情報のQCが低い場合、会社の信頼度が落ち、慰謝料が発生します。(サイトで言えば離脱率があがります)。
お金に絡むもののQCは料金表記の誤りや注文データのエラーに対するQCのことで、このQCが低い場合、クレームが発生し、機械損失が増え、結果売上が現象します。

Webサイトで特に注意すべきセグメントはCTAからコンバージョンにつながる流れ。
CTAを押してからフォームに入力し完了するまでの全てのアクションです。
エラーチェックをもとに文字数、文字の種類、各種アクションのエラーやトラブルの仮説を検証しQCを徹底させたということです。

インハウスとして阿野さん自身の事例を実サイトや過去の経験から説明。

上級ウェブ解析士からQCのお話、貴重なセミナーでした。

上級ウェブ解析士 を取得した  メリット

阿野さん個人が 上級ウェブ解析士 を取得してよかったと思うメリット最後にご案内いたします。

判断軸ができたこと

短くなれば、効率も上がる!(コスト削減につながる)
用語や考え方という基礎を理解することで、何かを考える判断するときの軸が
でき、誤った判断やブレが以前より発生しなくなりました。
また、発生しても、軌道修正までの期間は短くなったように思えます。

共通言語が持てたこと

共通言語があれば、ブレも少なく、無駄が減る!
共通言語ができれば、意思疎通や情報共有も早くなります。
特に上級ウェブ解析士のメンバーと話をすると、
例えば、
問題点や改善したいポイントを的確に理解して、すぐに改善策が考えられるといったこともありました。

他のプロジェクトの会議に呼ばれることになったこと

頼られることは良いことだよね?
グループの運営するウェブサイトのプロジェクトの会議に当社代表が呼ばれる
ことがあり、その会議の内容のアドバイザー的な形で同伴するケースが
以前より増え、頼られるようになりました。

ウェブに関する最新情報が手に入りやすくなったこと

Facebookグループや
定期的に勉強会や懇親会など、情報交換の場が増えたことで、
最新情報を手に入れやすくなりました。
また、平日のセミナーなどにも参加しやすい環境になりました。

上級ウェブ解析士 によるセミナーは毎月開催

ウィシダスでつながる受講生の皆さまへは資格取得後も ウェブ解析士 の資格を有効に活用すべく、
実際の業務とウェブ解析士を融合した勉強会やセミナーを毎月開催しています。

この勉強会の講師は 田中友尋上級ウェブ解析士認定講座 を受講しウェブ解析横浜に参加している皆さんが中心ですすめています。

ウェブ解析を実践的に、事業成果に、そして日本を元気に。

ウェブ解析横浜 参加についてはお問合せください。