横浜のあのテレビ局を解析! ウェブ解析 アイディアソン

[記事公開日] 2016/11/11

ウェブアナリストが成果を出すためには対人関係コミュニケーションが必要

この記事の所要時間: 355

ウェブアナリストが成果を出すためには対人関係コミュニケーションが必要

Web解析、ウェブアナリストは事業に成果を上げることが目的です。
成果を出すためには対人関係、つまり「人」とのコミュニケーションは必要です。

Webサイトの解析ができる、よい施策提案ができることも必要なスキルです。
そのスキルも「人」とのコミュニケーションが弱い場合、とても残念な結果となりえません。

ウェブアナリストが事業の成果を出すためには対人関係コミュニケーションが必要なのです。

事業成果は属人的な場合がある

事業の成果、マーケティングが浸透していない企業さんの場合、属人的であることが多く見受けられます。
「人」?
しかし、それは少し違い「企業背景にある人」。

その「企業背景のある人」が傾聴力がなかったり自己愛性人格障害だった場合すると、
その企業はWebマーケティング実行の最大の障害となります。
(自己愛性人格障害は病なのですが、まだまだ認知度が低いようです)

その「人」=担当者、キーマン

データと同じくらい重要なのがコミュニケーションとファシリテーション

Web解析のデータと同じくらい重要なのがコミュニケーションとファシリテーションです。

  • コミュニケーションはその「人」とのコミュニケーション
  • ファシリテーションはその「人」を含むチームへのファシリテーション

Webマーケティングをすすめる上で、Web解析への対応は個ではなく会社や組織に影響を与えます。
また会社や組織に対して発することが必要なため、コミュニケーションとファシリテーションはとても重要なスキルです。

ファシリテーションとは

ファシリテーション(英: Facilitation)は、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。

ファシリテーション – Wikipedia

 

ウェブアナリストは先生ではありませんし作業者でもありません

ウェブアナリストさんの中では、先生のように、会社や組織に指示・指導をする方がいらっしゃいます。
ウェブアナリストが事業の成果を出すためには、ご担当、上司または経営者などの協力が必要となります。協力いただくためのは指示や指導ではない方法が必要です。

また作業者のように「言われたことだけ」(特にレポート作成)をすればいいというものでもありません。

ウェブアナリストは(クライアントである)ご担当、上司または経営者となる「人」やチームの皆さんの意見を傾聴し、ウェブアナリストとしてのあり方を意識するとともに伴走しながら、時には少し前を走りながら共にすすむ必要があります。

ウェブアナリストが成果を出すためには対人関係コミュニケーションが必要

Web解析、ウェブアナリストは事業に成果を上げることが目的です。
成果を出すためには対人関係、つまり「人」とのコミュニケーションは必要です。

Webサイトの解析ができる、よい施策提案ができることも必要なスキルです。
そのスキルも「人」とのコミュニケーションが弱い場合、とても残念な結果となりえません。

ウェブアナリストが事業の成果を出すためには対人関係コミュニケーションが必要なのです。

PR:12月10日開催 MeetUpWebAnalyst Yokohama Vol.3:2016大交流会

20161210_img02

最も変化に敏感な私たちが、社会で価値を創造し続けるため」というタイトルの交流会。
横浜にウェブアナリストが集まります、集まったウェブアナリストは分科会を中心に自分の価値を創造するために衆知を集めます。

分科会「地域に暮らすことこそこれからのウェブアナリスト」
地域や社会性は成果は私たちの暮らしを幸せにします。
これからのウェブアナリストは地域や暮らしの視点を持つことでより新たな価値の創造が可能となります。
地域には様々な人が住み・暮らしています。子育て、高齢化、障がい者あらゆる問題に向き合うウェブアナリストとしての価値を共有しましょう。

この記事をご覧いただきありがとうございます。
この MeetUpWebAnalyst Yokohama でも記事と同じ内容を共有し衆知を集めます。