毎月開催 Google アナリティクス でレポートをつくるセミナー

この記事の所要時間: 357

Google アナリティクス レポートがいらなくなっても欲しい人はいる

Webアナリティクスの界隈ではGoogle アナリティクスレポートを作らない方向にはなっています。
しかし、業務都合上、Google アナリティクスのレポートをつくる必要な人はまだいらしゃいます。

  • 定期的の報告する時の書類が必要
  • 社内図書として保存する義務がある
  • 納品物としてドキュメントが必要

この実践Google アナリティクス セミナーは、ウェブ解析士さんやその他 Googleアナリティクスレポートの作り方を学びたい声から
組み立てたセミナーです。

最低限伝えるGoogle アナリティクスレポートシナリオを学ぶ

Googleアナリティクスのレポートは、Webサイトの特徴、業種、業態により視点が違います。

  • コーポレートサイトであればブランド測定
  • サービスサイトであればコストダウン測定
  • オウンドメディアであればユーザロイヤルの効果測定
  • ECサイトであれば売るための効果測定

視点が違えども、最低限共通する項目はあります。

この実践Google アナリティクスセミナーではレポートのシナリオとして次の内容を伝えています。

  • 設計の方法
  • エグゼクティブに伝えるレポート
  • アクションレポートの必要性
  • 各種レポートの特性

Googleアナリティクスのレポートはレポートでありながらストーリーのあるシナリオでなければ何も伝わりません

Google Data Studio Googleスプレッドシートアドオンのメリット・デメリット

Google アナリティクスのレポートというとPowerPointやExcelを利用してドキュメントとして提出をするのが一般的です。

しかしそれ以外の方法もあります。

BIツールGoogle Data Studio

ダッシュボードでありBIツールであるGoogle Data Studio
このツールの必要なシーンとメリット、また弱い点数を伝えます。
(データーのクロス連携が弱い点など)

スプレッドシートに自動書き出しができるGoogle Analyticsアドオン

Google アナリティクスには皆さんが利用しているGoogleアナリティクス以外にAPIによるGoogleアナリティクスもあります。
APIの取扱は一般的には難しくスキルが必要です。しかしこのアドオンを使えばAPIをスプレッドシート上に展開することができます。

要件定義ができており、ルーチンワークとしてのGoogleアナリティクスレポートの場合はこの方法が最適です。
(ただしそのままでセグメントがかけられないため、深掘りは得意ではありません)

少人数4時間限定で学ぶワーク付きのGoogle アナリティクスセミナー

ハマ企画で開催しているGoogle アナリティクスセミナーの基本は少人数セミナーです。
そしてこの実践Google アナリティクスセミナーはワーク形式のついた4時間のセミナーです。

テキストを見ながら学び、ときおりワークをします。
また、ご要望をいただければ、皆さんのアカウントから実際のGoogleアナリティクスのレポートを作成することも可能です。

Googleアナリティクスのレポートでお困りのかた、また自分で制作をしたい方、お待ちしています。

PR:Google アナリティクス セミナー

横浜のWebマーケティング、ホームページ制作会社 ハマ企画では毎月Google アナリティクスセミナーを開催しています。