仕事内容を聞かれた時の対応

この記事の所要時間: 19

どうもY・Hです。

セミナーや飲み会などで何の仕事をしているかの説明にいつも悩まされます。

リスティング広告をやってます!」

しかし、わかる人、わからない人がいるので自分なりの対応です。

わかる人の場合

過去も含めて自分でやっていたり、代理店に任せている等でわかる人。

たまーに腹の探り合いになるケースも・・・

運用している業界や得意分野、成功事例、予算感などなど

クライアントが違ければサービスも違うので、どこまで通用するかわからないと

思いつつも重要な部分は話せないので、表面的なあるあるネタなどにベクトルを変える。

わからない人の場合

スマホで実際に何かキーワードで検索をして見せる。

ほとんどの人が「あぁ~」的な反応をしてきます。

そこでの顔色次第で説明を変えてます。

①困った顔をしている人、固まった顔の人

⇒ネットの仕事です、もしくは話題を変える

②何なの的な顔

⇒検索キーワードによってお店のチラシを出したり出さなかったりしてます。

あとは、リマーケティングを「ストーカー広告」と表現してわかる人もいます。

③何かを思い出した様な顔

⇒「ppc」「アドワーズ」などのワードで覚えている人が多い

わかる人、わからない人それぞれで興味を持った人たちは活用方法などで話す場合が多いですかね~。