ウェブ解析士とGoogleアナリティクスの関係

この記事の所要時間: 35

ウェブ解析士Googleアナリティクスの関係

ウェブ解析士の試験に合格をしたらGoogleアナリティクスによるレポートが義務付けられています。
とても簡単なレポートですが。

このレポートができたことがGoogleアナリティクスを理解したことになるのでしょうか?

ウェブ解析士でつくる修了レポート(初級) Google アナリティクスのスキルはどのくらい必要か

ウェブ解析士が合格してもGoogleアナリティクスが理解できたとは限らない

ウェブ解析士を一生懸命勉強をして合格をしたからGoogleアナリティクスが理解できたとは限りません。
(GAIQに合格して知識も同じこと)

Googleアナリティクスとウェブ解析士という資格は似ているようで少し違う
親しい存在ではあるけど…

 

ウェブ解析士で学ぶのは解析全般だから

ウェブ解析士で学ぶコトは解析に必要な知識全般です。

お客さまの事業理解から始まり、事業のゴールのための設計をした上で、
アクセス解析をすすめます。
アクセス解析には集客(流入)やコンテンツの回遊など様々な分析方法を理解した上で
レポートの作り方へとすすみます。

Webマーケティングを広く浅く学ぶには資格としてのウェブ解析士がおすすめ

ウェブ解析士が「Googleアナリティクスを理解する」はここからでいい

幅広い知識全般の中から、ウェブ解析士が「Googleアナリティクスを理解する」
まずは、指標の理解
そして、集客と回遊
最後に、コンバージョン(ゴール)

指標の理解は4大指標を基準とします

ユーザ視点での、ユーザ数、セッション数、ページビュー数、滞在時間

集客についても4つの視点

OrganicSearch、Refererl、広告、Direct(ノーリファラーではありません)
(Socialはまた別の視点があります)

回遊は閲覧開始視点で見ます

コンバージョンは単にコンバージョン数よりコンバージョン経路をみます

何回どのような経緯で成果へ繋がったのか

これだけを見ればいいのですが…

実は一番大切なのは「理論思考」です

「空・雨・傘」

アクセス解析やWeb解析のレポートは起承転結ではなく空・雨・傘

Googleアナリティクスを見る・数字を追いかけるのではなく、そこからどんなことをすればいいのかという
アクションプランを作り上げることです(行動、施策などともいいます)

ウェブ解析士とGoogleアナリティクスの関係

ウェブ解析士が学ぶウェブ解析はとても広い知識です。
Googleアナリティクスはその中でも(日本では)アクセス解析という部分にあたります。

アクセス解析でありながら、事業成果を出すためにどのような行動をとるのか、
アクションプランの提案が重要なのです。

そのアクションプランはWebサイトの改善だけにとどまりません。

だからこそウェブ解析に繋がります。

Googleアナリティクスセミナーを細分化します