[記事公開日] 2014/04/28

ウェブ解析士 の 交流・勉強会

この記事の所要時間: 320

ウェブ解析士 の資格はとったものの

ウェブ解析士 の資格はとったものの

ウェブ解析士の資格を活かせていますか?と質問したくなる時があります。
「ウェブ解析士 資格とったけど、活かせていない!」との意見に対して私は答えます。

  • 「ウェブ解析士 合格は勉学の証でしかありません」
  • 「資格より実践」
  • 「資格は 基本的な知識の確認、講座はOJTと捉えるもの」

自分でビジネスをしている私は、活かせてないなら活かせるようにアクションすればいいじゃないの?
と考えます。解析の中でも分析して仮説たてて施策という行動が必要。
一番重要なのは行動ですよね?

でもなかなか、実行に活かせないのが現状だったりします。

資格で成果を出したい強い意思

私はウェブ解析士認定講座を横浜で開催して18ヶ月(2014年4月28日現在)となります。
講座は週末開催。
なぜ、週末なのかという理由は

平日は解析や制作のディレクション業務が多数あるため

でも、それだけではありません、週末に講座へおこしいただける方々は、今の自分からスキルアップしたいという強い意思を持った個人だからです。

週末でも解析!

休みの時間をさいて勉強していただいている方々を私は「共通言語をもった仲間」と考えて場を提供できればと、講座を開講した初期段階から実行をしていました。

ウェブ解析 横浜です。

ウェブ解析 横浜 の意味

とてもシンプルです、私(田中友尋)の講座で受講という縁でつながった方に対しての恩返しするという集まり。

解析をキーワードに必要なニュースをリリースしたり、相談ができるウェブの場と、勉強会を行う、リアルな場の提供。

その場から出てくるのが「仲間と交流からでてくるビジネスチャンス」です。
そしてビジネスチャンスと仲間が増えれば「意思が通じれば仕組み」ができます。

だから私の講座を受けた方へは「ウェブ解析士の資格はとったものの、活かせない!」とは言わせないような交流を組み立てています。

4月26日は2つのセミナーを開催

4月26日は 初級ウェブ解析士検定試験以外に2つのセミナーを開催しました。

オープンセミナー

これはウェブ解析士を検討したい、受講したいと考えている方向けのセミナーです。
ウェブ解析に関する考え方とウェブ解析士の講座からいくつかの演習を体験していただきます。

オープンセミナー詳細

2014年5月のオープンセミナー

アップデートセミナー

私の 上級ウェブ解析士 を卒業いただいた向けのセミナーです。
今回は2014年のセミナー改定についての説明がメイン、私はこのようなアップデートのセミナーを年会数回行っています。(勉強会もです)
上級ウェブ解析士からの提案
そこで上級ウェブ解析士から提案がでてきました、ウェブ解析士取得した私たちも自信が持てる実践勉強会をやりませんか?
即実行です、グループをつくり来月から実践をすすめます。
ウェブ解析で成果を出すためには高速にPDCAを回すこと、私達の行動も同じです。

田中友尋が毎週ウェブ解析認定講座を開催する理由

ウェブ解析士は一般社団法人ウェブ解析士協会がすすめている講座です。
ただし横浜の講座は主催者と講座ともに田中友尋が務めています。(講座によっては主催者が異なる場合があります)

毎週行う理由は次の3つです。

  1. 毎週講座の中から仲間を増やしたいから
  2. 毎週講座を開催することにより、私もウェブ解析をより理解したいから
  3. 事業も勉強も継続性、毎週継続されていない講座には疑問があるから

理解というのは、受講生から出る質問に対して違う確度からのアプローチができるようになりたいということです。

また、ウェブ業界は毎日進化しています。毎週行うことにより、リアルなお話をお伝えすることができます。

そして現場で解析を行っているプレイヤーが開講しているウェブ解析士認定講座です。