NOGRAN s.r.o. SEO

検索エンジン対策(SEO)から考えるWebマーケティング

この記事の所要時間: 237

検索エンジン対策(SEO)のおさらい

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること

ウィキペディア 検索エンジン最適化
Webサイト(Webページ)を検索する人の意図用に最適化することです。
Webサイトへ流入キーワード対策とかがこれにあたります。

今までのSEO対策はGoogleのバグ狙い

今までのSEO対策はGoogleのバグを付いたテクニック論が多くありました
(もうかなり前の方法ですけどね)

違法なBackリンク、意味のないキーワード大量投入
Googleにはわからないように…

しかしこれらも過去のもの。
今は「出来る限り」の正攻法ですすめているSEOをよくみかけます。

ユーザの検索意図から考えるSEO

今はユーザがどんなことを解決したいのか、探したいのかという意図をWebページで展開するのがSEOです。
検索エンジンへの最適化ではなく、ユーザの気持ちを汲み取ることへの最適化です。

だからコンテンツマーケティングが今もてはやされているのです。
(※某社のキュレーションはこの仕組の裏をつきました)

自社を見つめればユーザを理解できるから

「ユーザの気持ちを汲み取る」できるようでできないこのコト。
ユーザはどこに
それは自社の在り方を見つめ直し。
今お取引のあるお客さまと対話をすれば理解できます。

お客さまからの声をそのまま文章にすれば、それがSEO対策です。
Google が掲げる 10 の事実を噛み締めて

悪事を働かなくてもお金は稼げる。
ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。

Googleの経営理念”Google が掲げる 10 の事実”
Google が掲げる 10 の事実

検索エンジン対策(SEO)から考えるWebマーケティング

検索エンジン対策を施し、ユーザーが検索エンジンから貴社のWebサイトへ流入してくるということは、ユーザが問題としていることや検索意図に貴社のWebサイトが答えているということになります。
答えることでユーザは貴社のWebサイトに対してファンになります。
ファンになることで、再訪問のきっかけをつくり貴社の社名を記憶することとなります。

WebマーケティングとしてSEOを考えた場合、貴社とユーザー(お客さま)を繋げる最初のきっかけになります。
つまり、知ってもらうための最初の活動ということになります。

SEOはWebマーケティングにはなくてはならない施策なのです。

PR:横浜Webマーケティング塾はSEOもアドバイスするコンテンツマーケティング道場です。