Google Search Console

Webサイトを持っているのなら必ず導入 Google Search Console とは

この記事の所要時間: 46

Google Search Consoleの定義は正確に

Googleで検索をすると Google Search Console = SEOのツール如く書かれている記事を見かけます。

あなたがWebマーケティングを推し進めるアナリストであるならば
Google Search Consoleの定義は正確に知ってそして伝えましょう。

Search Console とは
https://support.google.com/webmasters/answer/4559176?hl=ja&ref_topic=3309469

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

 

どこにもSEOとここでは表記はされていません。
ただしGoogle検索に最適化するためのツールであることは間違いありません。

Google Search Consoleの導入はとても簡単

あなたがGoogle アナリティクスを導入しているのならばGoogle Search Consoleの導入はとても簡単です。

Google Search Consoleプロパティを追加をクリックしGoogle Search Consoleを利用したいWebサイトのURLを入れます。

おすすめの方法ではなく別の方法タブを選んで下さい。
ここでGoogle アナリティクスを選んでいただき確認クリックするだけです。
(Google タグマネージャを利用している場合はGoogle タグマネージャでもかまいません)
Google </p> <h2>Search Console

ここだけ見る Google Search Console

ダッシュボード

初めてGoogle Search Consoleを導入した場合

検索での見え方を活用してください。

  • 構造化データー:Webページが適切にマークアップされている
  • リッチカード:特定サービスは商品向き、これを利用するとWebサイトへアクセスされやすくなります
  • データーハイライター:コンテンツマーケティングをすすめているWebサイトの場合これを必ず活用しましょう
  • HTML の改善:Webページのここもマークアップの確認です。(ただし特定箇所)
    Accelerated Mobile Pages:AMP最適化するためのものです。

検索の見え方でWebページを改善するだけでもGoogleがクロールしやすいWebサイトとなります。

定点観測でGoogle Search Consoleを活用する

検索アナリティクス、このメニューを活用する人は多いはず、このメニューがあるためGoogle Search ConsoleはSEOツール?と言われています。

検索アナリティクス

このメニューはクエリ(検索キーワード)に対してあなたのWebサイトがどのような状態なのかを見ます。

  • クリック数:クエリであなたのWebサイトがクリックされた数です
  • 表示回数:クエリであなたのWebサイトが表示された数です
  • CTR:クエリで表示されたあなたのWebサイトがクリックされた率です
  • 掲載順位:そのまま順位のことです

定点ではクエリの傾向をみたり、CTRで評価をします。

表示回数は世の中のニーズの大きさと考えましょう。

Google アナリティクスのキーワードの数と異なるのはGoogle アナリティクスの計測方法の違いです。

そのほかGoogle Search Consoleを活用

Googleインデックスメニューでインデックスステータス(登録されている、Webページの数)を確認したり、クロールメニューでFetch as Googleを使いWebページをGoogleへ登録したり…と様々な方法があります。

Google Search ConsoleとはGoogleと対話をするツール

Google Search ConsoleはSEOツールというよりはGoogleと対話をするツールです。

あなたのWebサイト、WebページがGoogleへどのように認識されているのか、WebページはGoogleへ最適化されているのか、WebサイトはGoogleからどのようなクエリで評価されているか、Google アナリティクスが事業改善のための施策を生み出すツールであるに対し、Google Search ConsoleはGoogleと対話してWebサイトの健康状態を見るツールです。