Googleアナリティクスのレポートが必要なシーンとは

この記事の所要時間: 457

Googleアナリティクスのレポートが必要なシーンとは

Googleアナリティクスはレポートがなくても画面をプロジェクターを使うことで
その場の数字を伝えることができます。

素早くPDCAを回す必要がる、今、レポートを作る時間を費やすよりみてわかるポイントから伝え施策や行動をとる方がいいともいわれいます。

それでも、Googleアナリティクスレポートが必要な場合はあるのです。

 

クライアントや上司に納得してもらえるGoogleアナリティクスがつくりたい!

La Sequencia The BPI Bulletin Board
La Sequencia
The BPI Bulletin Board

クライアントや上司が自社のWebサイトに対して、数字を観ながら効果測定をしたいと考える時、Googleアナリティクスのレポートを必要とされている場合です。

今のWebサイトを知るより、今までのWebサイトを理解しそこから改善する時に最適な提案書です。

上司やクライアントが納得するGoogleアナリティクスのレポートとは

  • サイトのベンチマークがわかること
  • 集客ポイントがわかること
  • 成果のでているコンテンツがわかること
  • 成果の数(コンバージョン)がわかること

これらについては次のページを参考にしてください。

Googleアナリティクスのレポートでは、これらのレポートがでていれば「まずは」問題ありません。
しかし必要なのは

自社仕様であるGoogleアナリティクスレポートであるこ

自社仕様とは自社の商品やサービスに対して必要なレポートになっているかということです。

  • ECサイトの場合
  • 不動産サイトの場合
  • メデイアをサイトの場合

商品やサービスによってGoogleアナリティクスのレポートは少しずつ変わります。

まず見せるのは結果とこれから

まず見せるのは結果とこれからです。

  • 結果:今月の数字は目標を達成したのか、してないのか
  • これから:数字を達成するためにはどのようにしたらいいのか

これらのレポートをエグゼクティブ・サマリーまたはエグゼクティブレポートと言います。

このレポートの後に続くのがGoogleアナリティクスの指標を出力したレポートです。

Googleアナリティクスのおすすめカスタムレポート

Googleアナリティクスのおすすめカスタムレポートをご紹介します。(初級編)

時系列レポート

ユーザに注目するならこのレポートです。
セグメントをかけて閲覧するといいでしょう

時系列分析のカスタムレポート

参考リンク

Organic Searchランディングレポート

キーワードレポートは時代遅れ!(言い過ぎ?)、あなたの会社でコンテンツマーケティングを行っているのでしたらこのレポートで検索意図をつかみましょう

ランディングページ解析

Organic Search分析ランディング析のカスタムレポート

Socialランディングレポート

どこのソーシャルメデイアから流入したのかを判断するレポートです。
ファンを見つけましょう。

Social分ランディング分析のカスタムレポート

訪問組織を特定させるレポート

訪問してくる組織を特定させるレポートです。
企業などの訪問組織を明らかにして閲覧開始ページを加えることで訪問意図を明らかにします 。

B2B分析:http://bit.ly/2nz56I8

Googleアナリティクスのレポートが必要なシーンは
業界ではGoogleアナリティクスのレポートをなるべくつくらないという時流があります。それはGoogle Data Studioのようなダッシュボードレポート(BIツール)がでてきたことと、レポートに時間をかけるよりKPIを定め施策に時間をかけることが多くなってきました。

ウェブアナリストならばGoogle Data Studioを使いこなそう

それでもGoogleアナリティクスのレポートが必要なシーンは、複数の関係者へ統一ドキュメントにより保存する義務がある組織の場合です。

PR:Google アナリティクス セミナー

横浜のWebマーケティング、ホームページ制作会社 ハマ企画では毎月Google アナリティクスセミナーを開催しています。