さくらWorks

CMSの未来の情報を手に入れる[CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas]

この記事の所要時間: 248

CMSの未来の情報を手に入れる[CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas]

2017年3月18日のCSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas
Web制作からWeb解析のことまで学べるセミナーです。

2005年から続いているCSS Niteと横浜でWeb解析まわりの活動をしているWsidasがコラボレーション。
本日は阿部 正幸さんのセッションについてご紹介します。

CMSでウェブサイトを効率よく運営し成果をあげるための知識を得る

CMSと言えばWordPressと言われるくらい、今の世の中はWordPressをみかけます。
しかしCMSというコンテンツ管理システム、世界にとても沢山の CMSが存在しています。

CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidasの阿部正幸さんのセッションでは
「世界のCMSが向かう先とWebのこれから」と題しCMSについてお話をしていただきます。

昨今、Webサイトの制作単価が下がっていませんか?
制作単価をあげる手段として、制作以外の「付加」価値をあげるのも一つの手ですが、もっと本業(制作)で掘り下げることはできないでしょうか。

そこで、現在世界のCMSベンダーが向かっている先を、さまざまな記事から分析し、未来のCMSとWebが向かっている先をご紹介します。

未来のWebサイトを知ることで、今後必要される企業ニーズを知ることができます。
今後のサイト企画提案やシステム構築のヒントにしていただければと思います。

http://cssnite.jp/yokohama/vol01/

ウェブアナリストとウェブ解析士も制作まわりの知識は必要だから

ウェブアナリストとウェブ解析士の仕事はGoogleアナリティクスなどのツールにあるデータをみることが仕事ではありません
その元となるWebサイトがどのように運営されている、またどのように制作される。
そんな知識が必要です。

ウェブ解析から提案する施策。
施策を実行するにはお金がかかります、コストなのか投資なのか。
制作まわりのことが全くわからないと、「いくらかかるのか」というお話ができません。

だだから必要なのです。

CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、Web制作に関わる方のためのセミナーイベント。2005年10月にスタートし、2016年10月で丸11年。
これまでに、600回を超える関連イベントを通して、のべ6万名を超える方にご参加いただいています(2016年12月現在)。
http://cssnite.jp/

CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas
17年3月18日(土)14:00-18:00にさくらWorksさんで開催いたします。

皆さんの参加をお待ちしています。