ふわっとわかる!リスティング広告

この記事の所要時間: 339

前回の記事で「推しの強い広告、リターゲティング広告」について書きました。
今回は、もっとも手軽にはじめられる広告「リスティング広告」について見ていきましょう。

検索した内容に連動して広告が出てきます

日本で、インターネットによる検索をする場合、GoogleYahoo!を使かっている人が多いと思います。この2大検索サイト、検索結果に広告が掲載されています。これを「リスティング広告」と呼びます。ユーザーが検索する内容に連動して掲載される広告が変わることから「検索連動型広告」と呼ばれたりします。

google-yahooこの図では、左がGoogle、右がYahoo!の検索結果です。図中のピンクの線で囲った部分は全て広告です。
ユーザーは、自分が探しているものを検索結果の上から順に見ていきますから、広告が一番目に入る部分に配置されていることがわかります。検索後、画面に表示される上位のほとんどが広告なのがわかりますね。

前回のリターゲティング広告で紹介した「AISCEASの法則」に当てはめると、AIの部分に相当するかと思います。
類似商品やサービスを調べようとしているユーザーに、自社の製品を知ってもらう。興味を持ってくれ、まさにこれから商品やサービスについて調べようとしている。そんなユーザーに対して認知を広げる広告です。

検索結果に連動ってどうやって?

検索結果に広告が多数出てくることは、「PR」や「広告」と書かれていることからも、とっくに知ってるよ!って人もいると思います。では、どうやって連動させているのでしょう?

GoogleやYahooはそれぞれ広告配信システムを持っています。広告主はこのシステムを使って、広告を登録します。
Googleの場合「Adwords」、Yahooの場合「スポンサードサーチ」という広告配信サービスを使い自社製品やサービスの広告を登録します。自身で広告を運用することから「運用型広告」なんて呼ばれたりもします。

Adwordsの場合も、スポンサードサーチの場合も、運用方法は基本的に大差ありません。
「キーワード」を登録し、掲載したい広告を作り、広告がクリックされた時に発生する費用を設定します。

検索キーワードキーワードとは、検索時に入力する単語のことです。例えば、「ウェブ」「解析士」「アクセス」などです。
連続したキーワードひとまとまりを「フレーズ」と呼びます。例えば「ウェブ 解析士」「アクセス 解析」など、スペースで区切った複数のキーワードのまとまりです。

リスティング広告は一般的にクリックされる度に費用が発生する「クリック課金型PPC)広告」ですから、1回のクリックで発生する費用を設定するわけです。

個人売買だけじゃないオークション

このリスティング広告、実はオークションで掲載の可否が決まります。
クリック時の費用を設定するとき、この費用はオークションの入札価格を設定しています。広告枠には限りがあるので、このキーワードで掲載したい!という多数の広告の中から、設定された入札価格や広告の品質、その他の基準値を用いてオークションを行い、どの枠にどの広告が掲載されるのかが決まります。
当然、落札できなければ掲載はされません。

入札価格を高くすれば、その分掲載されやすくはなりますが、広告費用はかさみます。安くすれば、掲載されないかもしれない…
たくさん掲載され、クリック時も安い費用で済む。というのが一番望ましいわけで、たくさん掲載され、安い費用で済ませるために、ユーザーが検索しているキーワードやフレーズを調査しながら、費用を調整、タイトル文や広告文を改善し、よりクリックしてもらえるように広告品質を上げるように日々改善していく。というのが、リスティング広告の運用です。

あとがき

簡単に説明しましたが、なんとなくイメージできたでしょうか?
簡単という割には、あまりに複雑です。より安く、より効果的な広告を運用していくには、ユーザーの動向や日々の流行りなども見ていく必要があります。
また、ユーザー層を絞って広告を配信することもできますから、どのようなユーザー層に商品やサービスを提案したいのか、商品やサービスの対象をしっかり設計し、ユーザー行動のストーリーを定義して広告作り、運用を行うことが大切です。
幅広いユーザーに提案できるので、リターゲティング広告と並び、現在のインターネット広告では主流の形態となっています。