baldiri wireframe working

Google アナリティクスセミナーを細分化します ほか:1週間のまとめ記事[2017年1月30日-2月3日]

この記事の所要時間: 354

今週の記事[2017年1月30日-2月3日]

Webデザイントレンド[CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas]

制作会社だからできること Google アナリティクスもう少し踏み込んでみませんか?[CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1 powered by Wsidas]

アクセス解析ツール&用語分科会が始まります

Google アナリティクスセミナーを細分化します

WebマーケティングにもそろそろUXかなーというセミナーを開催しました

CSS Niteを横浜で開催するわけ:メールマガジンより

CSS Niteはどちらかと言えばWeb制作会社さん向けのセミナー(イベント)です。
それを、なぜ横浜で開催するのか

CSS Niteは2005年からの歴史を持っています。
このセミナーの一連の流れやノウハウはいまのWeb関連セミナーのお手本ともなっており
圧倒的影響力を持っています。

400人規模のセミナーを東京で年に数回、そして日本全国でもあらゆるセミナーを開催しています。

そこで「横浜」
横浜は380万人都市、日本最大の政令指定都市です。
そうでありながら、Web(IT)系で働く人のほどんどが東京に通勤しています。

いわゆる「横浜都民」

話を少し変えて

近年、企業の在り方が少しづつ変化しています。
・会社の売却前提の投資商品のように考える起業家
・日本をなかば見捨て、海外に向かう大企業

そして中小企業。
中小企業は中小企業らしさを見つめながら地域性や社会性が重要な要素となってきています。

中小企業がもたらす地域性や社会性。
雇用の創出や地域のあらゆる貢献。

そこでWeb(IT)系の皆さんへ
フリーランスでがんばっていらっしゃる方は別として、
都内に近い都市、横浜でも独自で盛り上がっる、そんな活動のきっかけにして欲しいという思いからです。
(横浜って人口の割に法人税の納税が少ないってご存じですか?)

Web(IT)系はインターネットのツールを使えばどこでも仕事ができる!というメリットがあります。
しかし、地域の人と肌でふれあい、地域社会への貢献や地域に根付く企業さんの成長の手助けをするには、
近くの、そしてリアルで合えるそんなWeb(IT)系の企業さんがどんどん出てきて欲しい。

そんな思いからのCSS Nite横浜の初開催となりました。
実は名前を見ていただくと、番号が、運営主催者である鷹野さんの思いです。

おすすめ記事:メールマガジンより

  • 会話型コマースをやるべき5つの理由。Alexa、WatsonなどのAIはECをどう変える?
    bit.ly/2j6Q5eA
  • Googleが偽ニュースを垂れ流すサイト200個を追放
    bit.ly/2j6TtGl
  • 全部無料ってほんと?13,000サイトが導入するサイト分析&改善ツール「Juicer」とは
    bit.ly/2j6q6DN
  • 誰も教えてくれない「分かりやすく美しい図の作り方」
    bit.ly/2j3V8fD
  • SEO、楽しいですか? 実データに見るSEOとUXの関係性と対策
    bit.ly/2kpBb3i

※メールマガジンはハマ企画主催のセミナーにご参加いただいた方とホワイトペーパーダウンロード頂いた皆さまへお届けしています。