Googleアナリティクスの使い方を手に入れるためにはほか:1週間のまとめ記事[2017年3月21日-3月24日]

この記事の所要時間: 312

今週の記事[2017年3月21日-3月24日]

写真でみる CSS Nite in YOKOHAMA, Vol.1

Web担当者の育成と成功実績

 

Googleアナリティクスで変化をみる

Google Search Console 検索アナリティクスを活用したWeb解析のヒント

 

 

同業他社さんにテクニックを伝えると特して徳が得られる?:メールマガジンより

 

Googleがアップデートを行いました「フレッドアップデート」です。

どんなプデートかと言うと「コピーサイト」「広告だらけのコンテンツ」へのペナルティです。

Googleはユーザにとって利便性が低いサイトを検索結果から追い出します。
今回対象となったのがこの2つです。
「コピーサイト」
実はコピーサイトは正確ではなく信頼性の低いサイトへのペナルティです。

米大統領選挙でもこのサイトが票へ影響を与えました。
日本ではDeNAのキュレーションに法律の違法性がありサービスの弊社にともない多額な損失を出しました。

コンテンツは誰のものでしょうか?
権利は発信者です。発信者は個人であり企業であり。
ただし発信者はコピーされる覚悟でコンテンツを制作してください。
安心してもらいたいのはコピーはコピーでしか過ぎず、覚悟をもって信念や指針をもって制作されたコピーの本質は
コピーされることはありません。

そこへGoogleがメスを入れるのですが、この信頼性の判断が難しいのです。
現在手作業ですが、おいおい自動化されると考えられます。
「広告だらけのコンテンツ」
個人ブログで広告誘導型です。
意図した広告へのクリックは構わないのですが、意図しない広告へ誘導させるようなページ構造のあるサイトは
利便性が悪いどころか悪質であるためペナルティを課します。

ユーザーが意図せず広告をみた途端、ブラウザには履歴が残ります、広告主はユーザーの行動を把握できるようになるため悪質と判断されるのです。

「コンテンツマーケティングは今後どうなるのか?」
安心してください、企業がユーザーへ向き合い課題を解決する行動をとるコンテンツマーケティング。
Googleのペナルティに課されることは、まず ありません。

ただしSEOを意識しすぎた、キーワードしかみないコンテンツはペナルティ対象になります。

ユーザーに向き合うことが必要なのです。

おすすめ記事:メールマガジンより

  • グルメ界の絶対王者「食べログ」から検索1位を奪取したSEOのすべて bit.ly/2ntHXTP
  • 会社のホームページを作るには bit.ly/2mXrv0o
  • モバイルファースト時代におけるオウンドメディアのユーザー体験最適化 bit.ly/2mXllNF
  • SNSの利用時間が最も多いのは、35-49歳! 米国のソーシャルメディア利用状況 bit.ly/2no5Zzy
  • 60代でも情報収集は“新聞よりスマホ”の時代に? RSSリーダー利用は10代〜60代で5%以下 bit.ly/2njNIDz

※メールマガジンはハマ企画主催のセミナーにご参加いただいた方とホワイトペーパーダウンロード頂いた皆さまへお届けしています。