ウェブ解析とウェブ解析士の意義と責任 って?

この記事の所要時間: 41

ウェブ解析士の意義と責任 は

Photo-Mix / Pixabay

ウェブ解析士の意義

ウェブ解析士とは、解析や分析だけで収益をあげていくのが仕事ではなく、データに基づく根拠で事業を改善していくことこそが職務”

ベースはデータ。
決して「感」や「過去の経験」だけで事業改善をするのではなく、
内外のデータを元に根拠を導くことで、事業の成果に貢献するウェブ解析の職務をすすめる人であることです。

ウェブ解析士の責任

ウェブ解析士は事業成果に貢献するための活動をすること。
活動には投資効果に責任をもつことが必要。

そして3つの理解からクライアントの問題解決を導き
問題解決のためのモラルは必ず守る必要があります。

3つの理解

  1. 経営・マーケティング
  2. ウェブ・インターネット
  3. 統計・データ解析分析

ウェブ解析士って必要なのだろうか

Moyan Brenn Reading
Moyan Brenn Reading

「ウェブ解析士って必要なのだろうか」これは皆さんの判断に委ねますが、
ベースとなるウェブ解析は事業だけではなく社会にとっても必要。
それは、多様性な世の中 人のニーズも多様であり著しく変化しています。

そんな中 「感」や「過去の成功経験」では事業成果を達成することがとても難しくなっており、
事業成果の達成は、事業に関わる社員や取引先だけではなく 社会的な課題を解決することにもつながります。

課題を見つけるひとつの基準がデータです。
データを取得し、分析・解析するために 必要な知識がウェブ解析であり、
知識を学ぶ入り口のひとつがウェブ解析士だったりします。

ウェブ解析がもたらす影響ってこんなこと

  • ホテルを持っていないAirbnbが宿泊業者に
  • 車両をも持たないUberが旅客や飲食業界に
  • 突然現れたAmazonが購買者の背中を押し

これらの元となるのがウェブ解析
データを元に分析を行い顧客にとって最適なサービス提供をし続ける
気がつけば顧客満足度があがりブランド力へつながる

今までの「いいモノづくり」が、ウェブ解析を使って「ほしいいモノづくり」から「ほしいコトづくりへ」変化している

ウェブ解析の功績でもあります

お客さまの課題はどこなのか、課題解決はどのようにすればいいのか…
ウェブ解析で事業成果に貢献することで 世の中 社会全体に大きな影響を与えています

ウェブ解析を学ぶのかウェブ解析士を取るのか

「ウェブ解析士って必要なのだろうか」これは皆さんの判断に委ねます。

このように書きました。

  • 知識を得たいのか…
  • 士となりたいのか…

ウェブ解析は資格がなくとも学べたり、仕事をすることができます。
選ぶのはあなたです。

しかし、ウェブ解析士協会が発行しているウェブ解析士公式テキストは10年の積み重ねがあり、毎年 多くのウェブ解析に携わる人々が執筆に関わっています。

公式テキストは他人の経験と実績の宝庫です。
ウェブ解析を学ぶために最適な一冊であることは変わりありません。

 

まとめ:ウェブ解析士の意義と責任

最初に ウェブ解析士の意義 と ウェブ解析士の責任 を伝えました
ウェブ解析は世の中を変え、人を幸せにする知識です。

まずはウェブ解析を学んでみてください。
明るい未来に向けて

Blondinrikard I mean you!
Blondinrikard
I mean you!

ウェブ解析オープンセミナーのご案内

2019年は毎月ウェブ解析オープンセミナー

NEC Corporation of America Education - Creative Commons
NEC Corporation of America
Education – Creative Commons

2月はウェブ解析士の意義と責任です

  • 日程:2月23日(土)10:00-11:30
  • 参加料:3,000円

オープンセミナー申し込み

ウェブ解析オープンセミナー