ウェブ解析とは?ウェブ解析士について学ぶ

この記事の所要時間: 85

Web解析ってなんだろう

ウェブ解析とは

“ウェブ解析は、ウェブサイトを軸としたあらゆるデータを活用し事業成果の最大化をすることです。 ウェブ解析はウェブマーケティングで必要なスキルの1つであり、事業成果をあげるためウェブサイトから得られる数値を元にユーザーの声を聞き、仮説検証→原因分析→対策立案を繰り返すことで事業成果につなげていきます。”

ことです。

ウェブ解析士とは | アイクラウドウェブ解析サービス https://web.icloud.co.jp/about/index.html

正しくウェブ解析を読み解き、新しい行動にチャレンジする行することで事業の成果に貢献することが可能となります。

Unsplash / Pixabay

ウェブ解析士の意義と責任って?

“ウェブ解析は 日本ウェブ解析士協会がすすめているウェブ解析士の試験に合格をした有資格者のことです。”

つまりウェブ解析士はウェブ解析の上になりたっているわけです。
✳︎ウェブ解析士とWeb解析の表記について
ウェブ解析士協会はWeb解析ではなく、カタカナ表記のウェブ解析にこだわっています。

Web解析の範囲はビジネスまで

Web解析と名前をみるとホームページなどのWebサイトに限定しているようです。
しかしWeb解析の目的は事業成果の貢献にあるため、Webだけでは解決できないビジネスが多く存在ます。
そのため「Web解析の範囲はビジネスまで」つまりビジネスでとれるデータまですべてを含みます。

stevepb / Pixabay

すべてを含むことでWeb解析が事業成果へと貢献し続けるわけです。

いまWeb解析が必要な理由

事業成果へと貢献し続けるためのWeb解析
昔 事業の数字は財務か、お客さまへの直接ヒアリング または調査会社に依頼をするマーケティングリサーチでした。

いまは、ホームページにGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを導入することでホームページへの訪問数がわかり、ホームページから問い合わせをいただくことでビジネスの分析ができるようになりあました。

事業成果を出すために必要な数字が手軽に手に入れることができる。
数字を分析するWeb解析を身につければ、あなたの強みになります。

感と過去の成功体験ではなくWeb解析を使い明日の価値を生み出すことができる。

これがいまWeb解析が必要な理由なのです。

Photo-Mix / Pixabay

Web解析とウェブマーケティング

話しを変えて、Web解析とウェブマーケティングとはどこが違うのでしょうか?
ウェブマーケティングは自社の価値を最大に引き上げて 自社分析の中から集客に注力した施策です。

Web解析は自社の価値だけに限らず 絶えず変化する市場やユーザーのニーズを分析し、競合他社を分析することで 成果に貢献できるようになります。

Web解析とあなたの仕事の関係

現在 デジタルが、あらゆる事業の在り方に影響を与えています。
それまでは、技術力や設備や資本が企業の競争力の元でした。

そしてインターネットの普及により、利用者としての経験や意見を誰でも受発注できるため、顧客満足度の高さが企業の競争力や販売力に影響を与えるようになってきました。

つまりデジタルやインターネットを活用すれば、企業の規模に限らずチャンスがある時代となったわけです。

自社の収益や効率率化だけを唱える経営や自社のサービスの売り込みりばかりする企業は、ユーザーの共感を得られず、淘汰される時代かもしれません。

そんな時代だからこそWebを解析できる力がチャンスを呼び込みます。

  • ホームページを軸に解析をすすめて実業にいかす
  • ホームページの改善、ソーシャルメディアへの積極的参加

Web解析により会社の在り方が変わるということは、あなたの仕事の関係も変わるということです。

アクセス解析について

ウェブ解析とアクセス解析は領域による違いがあります。
アクセス解析はホームページにアクセスをする軸が中心であり
ホームページが存在しているインターネットが領域となります。

ウェブ解析はアクセス解析に周りにある

  • マーケティング分析
  • ビジネス解析

この2つを網羅している領域となります。

砂時計

アクセス解析を読み解く視点

アクセス解析を読み解く視点は、主に集客部分と成果の逆算があります。

集客部分は、どこから来たの? というところで注目されるのが検索エンジンの最適化のSEOとSEOにインターネット広告が加わったSEMになります。

成果の逆算は、成果に貢献したページや集客の改善対策を行うことです。

この2つの視点(部分)を抑えれば アクセス解析を読み解くことができます。

自社発信にみるWeb解析

自社発信とは自社(Owner)メディアつまりオウンドメディアとなります。

課題を解決するためのコンテンツ創出としてコンテンツマーケティングが盛んですが、このコンテンツマーケティングをより効果的にするWeb解析が自社発信にみるWeb解析、オウンドメディアの解析解析となります。

このWeb解析は丁寧な設計と日々の改善運営につなげることがとても大切であり、成果を出すために自社の力量が試されるものです。

広告もWeb解析で

「広告は出せば売れる」まるで販促を意識しがちですが広告にも、認知優先と成果優先があります。
この2つをより効率的に効果的にすすめることもWeb解析が必要となります。

  • 広告がたくさん表示されている
  • 広告がたくさんクリックされた

これだけではなく、成果効率のよい広告を出すためにどうしたらいいのか…成果貢献を目的としたWeb解析になくてはならない視点です。

ソーシャルメディアとWeb解析

いまやソーシャルメディアはなくてはならない存在です。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

ソーシャルメディアは即売上につながるものではなく、成果を出すためにファンをつくるメディアなのです。

ソーシャルメディアに見える活動をより親近感がもてるようになるとファンが増え、直接の売上だけではなく、ファンによるオススメが加わります。
これもWeb解析で分析をすることで明確になります。

ビジネス解析とWeb解析

ビジネスはインターネットの中だけで起きているわけではありません。
リアルこそ成果のための要素がたくさんあります。
ビジネスで計測できるデータとホームページやソーシャルメディアの因果関係がわかれば、思いもよらない、競合が思いつかない施策を出すことができ「勝てる」会社へ。
ビジネスを数値化して解析ができれば、あなたの会社は価値を最大限にすることができます。

ウェブ解析とは?ウェブ解析士について学ぶ

いかがでしたか?

ウェブ解析とは

“ウェブ解析は、ウェブサイトを軸としたあらゆるデータを活用し事業成果の最大化をすることです。 ウェブ解析はウェブマーケティングで必要なスキルの1つであり、事業成果をあげるためウェブサイトから得られる数値を元にユーザーの声を聞き、仮説検証→原因分析→対策立案を繰り返すことで事業成果につなげていきます。”

ことです。

ウェブ解析を行う資格「ウェブ解析士」の意義は、自社またはお客さまの事業の成果をつなげるためとても重要なポジションであり、責任もあります。

 

2019年2月のオープンセミナーは「ウェブ解析とウェブ解析士の意義と責任 って?」

横浜開催のウェブ解析士オープンセミナーは「ウェブ解析とウェブ解析士の意義と責任 って?」について伝えます

日程:2月23日 10:00-11:30

参加費:3,000円(税抜き)

詳細は 下の「オープンセミナーお申込み」をクリックしてください

オープンセミナー申し込み